本文へスキップ

ジェルネイルの剥がし方

ジェルネイルオフ方法

自分でもジェルネイルを剥がせるようになりましょう。

ネイルサロンに行かなくてもジェルは自分でオフすることが出来ます。

ジェルネイルの剥がし方〜オフ方法

ジェルネイルのオフで用意する物

  • ファイル
  • アルミ箔
  • コットン
  • ピンセット
  • ウッドスティック
  • ジェルネイルリムーバー

ジェルネイルのオフ施術工程

ジェルネイルリムーバーが爪に浸み込みやすいように、艶が無くなるまでジェルの表面を軽く削ります。

この時、地爪まで削ってしまわないように注意してください。

爪の大きさにカットした、コットンにジェルネイルリムーバーをたっぷりと浸み込ませます。

ピンセットを使い、ジェルネイルリムーバーを浸み込ませたコットンを爪の上にのせます。

ジェルネイルリムーバーが蒸発しないように、アルミ箔でしっかりと包み込みます。

そのまま10分〜15分程時間をおきます。

コットンとアルミ箔を剥がすと、ジェルがふやけた状態になっていると思います。

ウッドスティックや、メタルプッシャーなどを使用して、ジェルを押し剥がしていきます。

この時、ジェルを強引に剥がさないようにしましょう。もし、ジェルが軟化していなければ、1から同じ工程を繰り返して下さい。

爪を傷めずにオフするには、このジェルネイルリムーバーでしっかりと軟化させることが大事になってきます。

ジェルが綺麗に剥がれたら終了です。このままの状態では、爪が乾燥してしまうのでネイル用オイルなどを塗って保湿ケアしましょう。

また、すぐにネイルアートを施す際は、プレパレーションを行ってください。

人気ジェルネイルキットランキング

  1. ジェリーネイル ジェルネイルキット